等級認定の異議申立

損害保険料率算出機構から提出された後遺障害の認定結果に不服がある場合は、当該後遺障害の認定をおこなった損害保険料率算出機構に何度でも異議申立をすることができます。次に、自賠責保険・共済紛争処理機構に紛争処理の申請をする方法があります。公正中立で専門的な知見を持つ弁護士や医師などで構成された委員会が調停をおこないます。

申請は同機構所定の紛争処理申請書などを提出しておこない、原則的に費用はかかりませんが、一度しか申請できませんので慎重に主張をまとめる必要があります。認定結果や認定理由に納得できない場合には、上記のような方法で異議申立を検討しましょう。異議申立や紛争処理申請をする場合、主張を書面にして提出することになりますが、結果に納得できないことや症状のつらさなどを主張しても、認定の変更は難しいです。重要なのは等級が認定された理由、あるいは、非該当になった理由は何かを確認し、自分のどの症状について何級の後遺障害の認定を望むのかを明確にし、新たな医学的証拠を提出することです。効率的な異議申立をするには専門知識が必要になりますので、後遺障害に詳しい弁護士に相談することをおすすめします。異議申立をしても充分な結果が得られない場合には、裁判によって決着をつける以外に方法はありませんので、この場合も弁護士に相談することをおすすめします。

参考ホームページ⇒http://www.ko2jiko.com/pickup-koui