後遺障害の賠償請求

症状固定した後は、どのようにして後遺障害部分の賠償を請求すれば良いのでしょうか。後遺障害の適正な賠償を受けるためには、等級認定を受ける必要があります。迅速かつ公平な処理をするために、後遺障害は16等級142項目の等級に分類されています。後遺障害部分の基礎となる慰謝料や労働能力喪失率などは等級によって定められていて、等級により損害賠償額が大きく変わります。等級認定を受ける手続きとして、加害者側の任意保険会社がすべての資料を作成し自賠責保険に申請を行う事前認定と、被害者自身が自賠責保険に直接請求する被害者請求の2通りがあります。

事前認定では任意保険会社がすべてやってくれるため、被害者は自ら書類や資料をそろえる必要がありません。しかし、損害賠償額を大きく左右する、後遺障害等級認定の手続きを加害者側に任せるということは、被害者には抵抗があります。被害者請求では被害者の側から直接自賠責保険に請求するので、被害者側が自ら書類や資料をそろえる手間がかかりますが、適正な認定がされるように自らの立証責任を果たすことができます。

事前認定でも被害者請求でも、損害保険料率算出機構が書面で定型的に判断するので認定される等級に違いはありません。しかし、事前認定の場合は提出する書類のチェックは困難ですが、被害者請求で特に弁護士に依頼すると提出書類の内容を十分に確認することができます。