後遺障害の認定

交通事故被害で残った後遺障害の認定について紹介しています。後遺障害とは、交通事故による精神的・肉体的な傷害が完治せず、障害が残ってしまう状態をいいます。一般的には事故後6ヶ月程度で、完治の見込みがあるかどうかを判断します。交通事故による負傷を診察してきた医師が、これ以上治療を続けても今以上に症状の回復が見込めないと判断した場合に症状固定とみなします。交通事故とその症状固定状態との間に相当の因果関係があり、医学的見地からも認められ、労働能力の喪失を伴い、その程度が等級に該当するものが後遺障害と判断されます。

適正な賠償を受けるためには、後遺障害の等級認定が前提となります。交通事故で負った傷害のうち、症状固定後に残った症状は等級認定を受けることにより、後遺障害として損害賠償の対象になります。症状固定後は等級認定を受ければ、後遺障害部分として逸失利益や後遺障害慰謝料を請求できます。逸失利益とは、後遺障害を負ったことにより労働能力が低下し、将来にわたって失う利益のことです。後遺障害慰謝料とは、後遺障害を負うことによる肉体的・精神的負担に対する慰謝料です。

症状固定は、賠償上障害部分の終わりを意味するため、治療費や休業損害を請求することはできなくなります。保険会社から症状固定をすすめられることがよくありますが、本来は症状固定を決めるのは交通事故の被害者と症状の経過を診てきた医師が一緒に判断すべきことのため、すぐに了承せずに後遺障害を得意とする弁護士へ相談することをおすすめします。弁護士に依頼することで適切な症状固定のタイミングが分かり、適切な後遺障害等級の獲得で慰謝料が増額する可能性が高まります。