等級認定の書面主義

膨大な請求に公平かつ迅速に対応するため、損害保険料率算出機構が定める等級認定の原則に書面主義というものがあります。したがって、提出した書面に記載がないものは審査の対象になりません。後遺障害認定の基準としては、事故との間に因果関係があるかどうか、それを立証する資料があるか、ということが書面から判断されます。

後遺障害認定は書面のみで判断されるので、医師に診断書を書いてもらう際にはできるだけ詳細が書かれていることが必要になります。しかし、医師にどうお願いすれば良いのか分からないことも多いと思いますので、後遺障害に詳しい弁護士に同行してもらうか、アドバイスをしてもらうのが良いでしょう。頚椎捻挫やRSD、高次脳機能障害などは他人の目に見えにくく、数値化も難しいので適正な等級が認定されないこともよくあります。頚椎捻挫で頚の痛みと腕のしびれが残った場合、痛みやしびれを数値に表すのが困難であり、目に見えにくい後遺症といわれます。しかし、症状や治療状況、検査所次第では等級が認定されることもあります。提出する書類や資料により認定が左右されるので、認定のポイントを押さえた手続きをすすめる必要があります。手続きに当たっては後遺障害に精通した弁護士に相談することをおすすめします。